お困りの方必見!大阪での空室対策

TOP > 大阪の空室対策について > 空室対策を家賃の割り引きをせずに解決する方法

空室対策を家賃の割り引きをせずに解決する方法

 書籍もしくはセミナーのテクニックにチャレンジしてみたが、そう簡単には入居が決まらないことが、東京や大阪どの都市圏でもあります。
ありとあらゆる手配をしたのにも関わらず結果に繋がらないことがあります。
ですから、効果的な空室対策を理解することは重要になります。
近くに良い条件の部屋が変わらない住居の家賃で募集しているケースでは、自身の物件に関心すら持ってもらえないかもしれません。
その為、住居の家賃を低くする前に推奨したいのが、敷金もしくは礼金を下げるアプローチです。
入居時に一番お金がかかるのが初期に関するコストです。
敷金もしくは礼金や仲介手数料など合計すると住居の家賃の4倍のコストが求められます。
そこで有益なのが、初期コストの減額要するに、敷金や礼金を下げるアプローチです。

 また、敷金もしくは礼金を低くする他にフリーレント期間、つまり住居の家賃の無料期間をつけるというアプローチもあります。
自分自身の部屋と変わらない条件の部屋で思い悩む人にとり、入居の決め手になるといえるでしょう。
契約の取り交わしが実現すれば、それからの住居の家賃収入を獲得することが出来ますので結果的に利益になります。
また、仲介会社に対して謝礼金をだすことも一つの選択肢です。
自身の物件を優先的に案内してもらうため、仲介会社に対する謝礼金をだすのも効果が期待できます。
入居を決定するために、仲介会社では100パーセントの力で紹介してくれるでしょう。
このやり方でも入居者が入らないケースでは住居の家賃設定に問題がありますので、住居の家賃の減額を考えてみましょう。

 不動産管理会社に関しては不動産管理をするプロフェッショナルです。
しかしながら、管理会社は何処も同じでということを意味していません。
大事になってくるのは、早期の入居者付けに強みのある管理会社を選択することです。
入居率が非常に高い管理会社を選択するのはもちろんですが、その算出法が適正かどうかも絶対チェックした方が良いでしょう。
管理会社により、入居率を1年でいちばん入居率が高いタイミングの値で示していたり、空室を入居者が退去してから1月過ぎて空室とカウントしているケースもあり、会社によって入居率の表示するための方法は多種多様ですので気を付ける必要があります。
加えて、管理会社が公にしたがらないのが空室期間になります。
空室期間の内訳に関しても聞くことが重要です。

次の記事へ

先頭に戻る