お困りの方必見!大阪での空室対策

TOP > 大阪の空室対策について > 空室対策として取り組むべき3つのポイント

空室対策として取り組むべき3つのポイント

 大阪でマンションやオフィスを事業用に保有している場合、最も頭を悩ませるのが空室対策です。
事業における最大の脅威は、何といっても部屋が客で埋まらないこと、これに尽きます。
以下で空室対策として取り組むべきポイントを3点示します。
まずポイントの1点目は、物件の魅力アップです。
ライバル物件と比較された場合、選択してもらえるかどうかは、その物件の魅力で決まります。
立地や交通利便性は変更しようもありませんが、部屋の魅力そのものは取り組み次第でいくらでもアップできます。
日頃から信頼できる工務店等と連携を強めておいて、できるだけ資金をかけずに魅力的なリニューアルをいいタイミングで実施することが有効です。
そしてアピールできるスペックの向上は積極的に行うべきです。
とにかく、客に選択してもらう上で、部屋の魅力向上は不可欠です。

 次に、空室対策ポイントの2点目ですが、それは戦略的な価格設定です。
言うまでもなく、同レベルの物件であれば、賃貸価格が安い方に人気が出ます。
所有している物件の周辺にある競合物件の賃貸価格水準を徹底的にリサーチし、ライバルより少し安めに価格設定をすることが有効策となります。
価格競争が激しいエリアに物件が立地している場合は、思い切ってフリーレントを設定することも有効です。
すなわち、最初の1か月間、それでも効果が出なければ2か月間とか、家賃を無償に設定して客付けを推進する方法です。
フリーレントを敬遠する事業者もありますが、客が付かないままずっと空室であるより、はるかにましです。
賃貸価格を値下げしても目立った効果が見られない場合は、思い切ったフリーレント設定をすることを検討すべきです。

 空室対策ポイントの最後の3点目ですが、それは宣伝の強化です。
どんなにお値打ちの良い賃貸物件があっても、客の目に触れなければ売れようもありません。
宣伝を強化して、ユーザーの目にできるだけ触れやすい状況を作り出すことが必要です。
最寄り駅近辺の不動産屋と連携するのは伝統的な手法ですが、それだけでは充分とは言えません。
今やネットにおける露出度向上が最大の効果を発揮するといっても過言ではありません。
ユーザーの多くは、まずはスマホで情報取集するケースが増えています。
そのため、ネット宣伝を展開している大手の不動産サイトへの登録が効果を発揮します。
躊躇することなく、そうした大手サイトへのネット広告掲示を進めることで、飛躍的に効果があがります。
大阪には多くのマンション、オフィスが立地しており、たくさんのライバル物件があります。
そこから選んでもらうには、以上のような取り組みを進めて努力することが求められます。

次の記事へ

先頭に戻る