お困りの方必見!大阪での空室対策

TOP > 大阪の空室対策について > 大阪で有効な空室対策は3つある

大阪で有効な空室対策は3つある

 大阪で空室対策を行う場合は、まず敷金や礼金の値下げを考えてみましょう。
アパートやマンションを持っている大家さんにとってこの2つの値下げは避けたいことでしょう。
しかし、初期費用を下げることで入居者を呼び寄せることが可能になります。
引越しはお金がかかります。
特に引越し自体にまとまったお金が必要になるので、それ以外の費用はできるだけ少なくしたいのが入居者の本音です。
敷金と礼金の金額を下げたら、それをアピールすることも大切です。
自分の物件の管理を任せている不動産管理会社にそのことを告げて、物件を紹介するネットのサイトで宣伝してもらいましょう。
多くの人に値下げのことを知ってもらうために、値下げの宣伝は長い期間行わなければなりません。
またどれぐらいの値下げになったか具体的に数字を使って示す必要があります。

 二つ目の対策は外国人の入居者を受け入れることです。
大阪のような大きな都市だったら、日本人だけではなく外国人の多く暮らしています。
当然その人たちも住む場所が必要なので、賃貸を探すでしょう。
しかし、外国人に部屋を貸すことにためらいを持つ人も少なくありません。
言葉の問題があるので、それは当然のことでしょう。
さらに家賃の支払いをしてもらえるかという問題もあります。
このような難しい問題は、自ら努力することで解決できることが多いです。
言葉の問題は通訳を立てることで解決します。
特に契約をする場合は、通訳の人に間に入ってもらった方が良いでしょう。
家賃の支払いはハードルの高い面があります。
名の通った会社に勤めている人にだけ貸す方法もあります。
他には入居時に家賃保証会社の審査を受けてもらうも良い方法です。

 3つ目の方法はペットを飼っている人を受け入れることです。
この方法を取って空室を減らす大家さんは現在増えています。
大阪のような都会で暮らす人はストレスや孤独を感じています。
それを解消する方法の一つが、ペットとの触れ合いです。
犬や猫を飼えば、心を慰められれます。
大家さんにとっては難しい面もありますが、動物が好きな人にとってはペットを飼える物件は魅力的です。
ただし、ペットといっても特殊なものは避けた方が良いでしょう。
爬虫類のペットや大型のペットは他の人の迷惑になることがあります。
犬や猫、小鳥といった普通のペットだけ受け入れるのが無難な方法です。
複数のペットを受け入れるのは避けるべきです。
犬や猫であっても、複数になると鳴き声や臭いの問題が大きくなる恐れがあります。

次の記事へ

先頭に戻る