お困りの方必見!大阪での空室対策

TOP > 大阪の空室対策について > 大坂の物件空室対策はどのような事をすれば良いのか

大坂の物件空室対策はどのような事をすれば良いのか

 大阪には賃貸物件が数多く存在するので、中には空室が多くありすぎてうまく家賃収益を確保出来ない物件も存在します。
そこで、空室対策をしなければいけないですが、どのような事をすれば良いのかお話します。
まずは、幅広く宣伝する事です。
大阪には、数多くの物件があり、積極的に宣伝している事が多いです。
つまり、宣伝に力を入れていない場合は、知名度が低くなり空室が多くなってしまう事があります。
いくら、素晴らしいマンションでも知名度が低ければ入居者が増えないなんて事は多くあります。
宣伝方法としては、不動産屋と連携して宣伝していくのが効果的です。
特に有名な不動産屋にあなたの所有している物件を紹介してもらうとすぐに入居希望者が出てくる可能性があります。
どれだけ知名度を上げられるかが1つの対策です。

 大阪の空室対策の1つには、住みやすい物件にしていく方法があります。
物件数が多い地域になるので住みにくい物件は評価が低くなり、誰も住まない可能性すらあります。
住みやすいマンションは多く存在するので、周りのマンションに負けないように設備面を中心に人気が出る物件にしていく必要があります。
例えば、駐車場や駐輪場のスペースを広くして、自動車や自転車を多く駐車出来るようにします。
さらに、防犯カメラやオートロックシステムなどを導入すると、安全面が確保されるので高い評価をもらいやすいです。
最新の設備を導入して、少しでも暮らしやすい物件にしていく事によって周りのマンションに負けずに、入居者がまったく増えないような状態を防いでくれます。
設備投資にはかなりの費用が必要になりますが、未来の投資として考えます。

 大阪の空室対策として効果的なのが家賃を安くする事です。
大阪は土地費用が高いので結果的にマンションの家賃も高くなるケースがあります。
ワンルームでも家賃が5万というのも珍しくないです。
そこで、空室が多くなっている場合は、この家賃を下げる事が大事です。
例えば、設備面などで他の物件よりも劣っている場合でも、家賃を安くしていけばその安さに引きつられて住んでくれる人も存在します。
家賃を安くする事は1世帯に対する収益が減る事になりますが、入居者を増やすことが先決なので、戦略としてはありです。
空室ばかりですと家賃収益がほとんど入らないですが、入居者が多くなると家賃を安くしていてもまとまった収益を確保出来る可能性があります。
どうしても、他の部分で工夫しても空室が目立つようであれば家賃を安くしてこれ以上利益が確保出来ないような状況を防ぎます。

次の記事へ

先頭に戻る