お困りの方必見!大阪での空室対策

TOP > 大阪の空室対策について > 不動産投資を成功させるなら空室対策が大切です

不動産投資を成功させるなら空室対策が大切です

 資産運用にも色々な種類がありますが、大阪でも不動産投資の人気が高まっています。
これは賃貸用のマンションやアパートを購入し、それを他者に貸し出して家賃収入を得るという方法です。
短期間に大きな利益が得られるというわけではありませんが、長期に安定した収入を得ることができますし、購入した物件は自分の資産となります。
将来は自分で住む部屋にすることもできますし、売却して利益を得ることもできます。
不動産投資は多くの資金が必要というイメージもありますが、ワンルーム一室からも始められますし、中古物件なら比較的低価格で入手できるチャンスもあります。
長期に安定した収入を得るためにも物件選びは慎重に行いましょう。
建物の質の良さや部屋の設備、間取りの良さも大事ですし、周辺の環境の良さも確認しておきましょう。

 良いマンションが見つかった場合も、入居者がいないことには収入を得ることはできません。
まずは入居者の募集を行いましょう。
入居者が現れない、すぐに空室になってしまうという場合は購入した物件に何等かの問題がある可能性もあります。
中古物件を購入した際は、すでに水回りなどの設備も古くなっていることもありますが、リフォームを行えば、最新の設備を導入できますし、壁紙やフローリングも新しいものにすれば部屋もより新しく美しい雰囲気となります。
リフォームは壁紙の交換などは比較的低価格からもできますし、資金に余裕のある場合は間取りを変更するなど大幅なリフォームも検討してみましょう。
セキュリティーの弱い物件も避けられる原因となりますので、セキュリティーへの対策もしっかりと行っておきたいところです。

 大阪で空室対策を行う方法としては、サブリースもあげられます。
これは転貸借とも呼ばれており、サブリース会社がオーナーから賃貸物件を一括して借り上げ、管理や運営を行うというものです。
それゆえ、入居者の募集からクレームへの対応、家賃の集金など面倒な管理業務は一切任せることができますし、入居者の有無にかかわらず毎月安定した収入が得られるというメリットがあります。
サブリースは長期的な契約となることも多いので、業者選びは慎重に行うことが大切です。
大阪でも対応した業者は多く存在しますが、評判や実績はしっかりと調べ、安心して依頼できる業者を選んでいきましょう。
選ぶポイントとしては、経営状況が良いこと、入居者募集のノウハウがあることなどがあげられます。
相談の際には誠実な対応が行われているかもしっかりと確認しておきたいところです。

次の記事へ

先頭に戻る