お困りの方必見!大阪での空室対策

賃貸物件運営時の悩みを解決

賃貸物件を運営する上で気になるのが空室でしょう。借りる人がいてくれればその分賃料収入が得られます。でも空室の状態だとそこから収入は生まれません。空室でもそれなりに傷んでくるので、いかに空室を減らした運営ができるかがポイントになります。

大阪で空室対策をしたいのであれば、こちらのサイトで情報を調べると良いでしょう。いろいろな業者のサービスを得ることができます。人気があるのがサブリースで、一括借り上げと言われるときもあります。業者が賃料を払ってくれる上、管理なども行ってくれます。

サブリースは非常に便利なサービスですが、安易に利用するのは良くないときもあります。こちらのサイト内にはどんなケースにどんなサービスを利用したらいいかなどの比較情報もあるので、今の運営に合った業者選びの参考にしてください、ぴったりの業者が見つけられます。

ツインライフの賃貸管理

大阪のツインライフの賃貸管理は、入居率を常に高く保てるようにするために、空室対策を徹底して行っています。部屋が空いてしまってから考えるのではなく、常に意識して部屋が埋まる様に工夫を行っていることが特徴です。

ツインライフの賃貸管理では、入居者のニーズを的確に把握するようにしており、決まりやすい部屋とするために出来る工夫はすべて行っており、必要最低限のコストで十分な効果が発揮されるように費用対効果もきちんと考えられています。

ツインライフの賃貸管理では、空室対策のために大阪の他社の営業マンからの推薦など得られるような体制になっています。親睦会などを通じて積極的に仲介店と関係強化を行っています。

アザミグループ

不動産経営を行う場合に、空室が多いと税金や住宅の維持費などの出費だけが重なるために大きな赤字になります。そのためアザミグループに相談をする事が大切になります。アザミグループは、大阪を中心に空室が多くて困っているオーナーのためにリフォームなどを提案してくれます。

アザミグループが空室対策として行うリフォームは、オーナーの予算に合わせたプランを提供してくれます。空室が多い原因をしっかりと分析をしてくれるために、入居者のニーズに沿ったリフォームを実現してくれる点が特徴です。

アザミグループは、誠実な営業を行っている点が特徴です。具体的には、リフォームのコストを企業努力により最小限に抑えて、余計な手数料なども請求されません。オーナーと一緒に空室対策を考えてくれる会社です。

株式会社シンワ・コーポレーション

株式会社シンワ・コーポレーションは営業範囲を大阪の中でも市内の一部区域に特化し、地元密着型ならではの地域における強固なネットワークを活用して、賃貸管理の業務に関するトータルサポートを提供する企業です。各物件に対する、詳細な情報把握に定評があります。

根強い情報網を持つ企業では、そのサポートが幾つものプランに別けられるという側面があります。一方で株式会社シンワ・コーポレーションにおいては、敢えてプランを一本化したサービス提供体制を採用しています。必要とされる費用やサービスの内容が明瞭化されており、安心感の高いサービスが提供されています。

大手のポータルサイトとの結び付きも強く、借主に関しては全国から集められる体制を整えています。成約に結び付き易い体制の構築によって、空室対策にも効果的に活用出来るサービスが揃っています。

株式会社コモドスペース

株式会社コモドスペースは大阪市西区に本店を構えており、大阪・京都・神戸など京阪神地区を中心に関西一円で賃貸物件の管理業務を展開しています。賃貸物件オーナー様からのリピート率97%、入居率は100%を実現しています。

賃貸物件のオーナー様にとって物件の入居率を高める為にはリノベーションで魅力を高めることが必須です。株式会社コモドスペースでは空室対策として独自の「リノベ保証システム」を提供。リノベーション完了引渡し後に一定の客付け期間内に入居されないときには、リノベーション工事費用を月々保証してくれます。

交通アクセスなどや商業施設など問題がないはずなのに入居者が決まらない。空室対策に頭を悩ませるオーナー様に問題解決の為に、株式会社コモドスペースでは経験豊富な専任スタッフが空室の原因を分析し、空室解消の為のプランを提案しています。

アーカスクリエイト株式会社

アーカスクリエイト株式会社は大阪市中央区に本店を有しており、大阪府下で空室やトランクルームなどの賃貸管理を主な業務に取扱っています。空室対策には近隣のマーケティングリサーチを入念に行い入居者の確保、安定した収益の実現をサポートします。

空室対策の為には新たな入居候補になりえる人に魅力を訴えることが重要です。アーカスクリエイト株式会社ではリフォームなどの施工時から看板設置をはじめとした、積極的に広告宣伝戦略を展開し早期に入居者を確保の実現を目指しています。

駅などの交通アクセスが良くない、建築後の経年劣化が進行し訴求性に乏しい、このような難条件の物件もアーカスクリエイト株式会社では新たな空室対策としてトランクルーム経営などを提案しています。シビアな立地でも収益確保を実現します。

大和財託株式会社

大和財託株式会社は大阪市北区に本店を構えており、大阪府下・京都や神戸など京阪神地方を中心に不動産管理事業などを主な業務にしています。設立は平成25年7月で特に空室対策に力をいれており平均入居率は98%をこえています。

入居率の高さを達成するためには、新たな入居者に魅力をアピールできることが大事です。賃貸物件では経年劣化と慢性的に汚損することは免れません。大和財託株式会社では費用対効果を踏まえたリーズナブルな価格でのリフォームを提案しています。

賃貸物件を所有する上では入居率を高めるために空室対策が必要ですが、同時に確実な賃料回収対策も大事です。入居時には独自の審査基準を設定し滞納リスクの低い入居者を選定し、同時に家賃保障会社との密接な連携体制で賃料の滞納リスクの解消に努めています。

賃貸物件の空室対策の効果的な方法

満室での経営は不動産投資家ならば理想といえます。 しかしながら、マンションもしくはアパートを満室で経営を行なうには、管理会社に頼りっきりでは困難が伴います。 実効性のあることを行わなければ空室リスクは高まることにもつながります。 東京や大阪などの都市圏を含めて日本国内で空室が非常に多い理由のひとつが、入居者の人気が無い物件が多い事といえます。 物件についてはたくさんあるのに住みたい住居が見つからないという経験をした方も多いでしょう。人気のある物件は、駅に近い、ネット無料、ペットが飼えるなど様々な条件があります。 物件を探しているサイドの視点になれば、感じ取ることはいくつも存在します。 したがって、賃貸物件を所有する大家は空室対策方法を理解することは大事になります。

部屋が埋まらないことは、賃貸の経営者によく見かける悩みですが、そのようなとき短絡的に住居の家賃を下げることはお勧めできません。 埋まらないケースでは、いきなり住居の家賃を下落させるのではなく敷金礼金から下げることが重要になります。 入居サイドの立場で考えれば想定されるように、敷金礼金の負荷は小さくありません。 住居の家賃の1月相当分で設けている物件が少なくありませんが、敷金や礼金がフリーというものは惹かれるものがあって、入居に対するハードルも低下します。 これに対して住居の家賃のディスカウントは、物件を売り渡すときに影響を与えます。 不動産価値を判断するためのテクニックとして収益還元法があるためです。 収益還元法については住居の家賃収入などの収益と関連付けて評価を実施するものです。

また、フリーレント期間を付ける方法も効果的といえます。 フリーレントについては、所定の期間家賃が発生しない物件ということを指します。 月ごとの住居の家賃を落とすよりも実益が期待出来る上、空室期間も短縮されることが特徴といえます。 多くの場合は所定の期間内に契約そのものを解約すると違約金を設けられるので、その期間はそれなりの実益が約束されることになります。 入居者サイドから考えると無料期間というアドバンテージがあり、一緒くらいの物件から選定するのであれば無料期間がある方がリーズナブルと解釈されます。 ほかにも、家具有り物件にする 方法もあります。リフォームするくらいの予算がない場合には、家具や家庭用電化製品の設置を行ってプチリフォームすることがお勧めできます。

先頭に戻る